はじめまして


2018.11.22

はじめまして。離婚カウンセラーの増田初美と申します。

 

11月22日。

今日は「いい夫婦の日」ですね。

そんな日にこんな話もどうかと思いましたが・・・

ぜひ聞いてください。

 

「離婚カウンセラー」

何それ??そんな職業あるの??どんな事するの??って疑問が浮かびますよね。

今日は、私が離婚カウンセラーになった経緯をお話しようと思います。

私は2007年3月に、2歳になったばかりの娘を連れて離婚しました。

当時29歳でした。

高校卒業して東京の専門学校に進学しました。

26歳の時デキ婚、27歳で出産。そして29歳で離婚して実家のある福井県に帰って来ました。20代はすべて東京暮らしだったので浦島太郎になった気分でした(笑)

離婚の理由は、相手のある事ですので、ここでは詳しくお話する事ができません。ですが、お互いに憎しみ合い、体力も精神力も使い果たし、疲れ切った離婚だったと思います。

 

福井に戻り数年がたった頃、何気なくテレビを見ていたら、タモリさんの『エチカの鏡』という番組が放送されていました。その回は『主婦のプチ稼ぎ』という内容でした。(放送日:2010年8月22日)

ネットプレセンター、ライトストーンデコ、パズル制作、モーニングコール、愚痴聞き、ペットシッター、覆面調査員、ネットの商品モニター、フィッティングモニター、墓参り代行…など盛りだくさんでした。

そして、資格を取得してより稼ぐ方法として、離婚カウンセラー、チャイルドマインダーが紹介されていました。初めて耳にする職業名も多くある中、『離婚カウンセラー』という職業に多きな衝撃を受け、同時に強く惹かれました。

もし離婚前に知っていたら相談できたかもしれないという思いと、これからは私が、自分と同じように苦しむ方々の力になりたいと強く思いました。というのも、当時は、両親は遠い福井だし、周りに結婚している友人なんていなかった為、離婚の相談なんてとても出来ませんでした。すごく孤独でした。孤独の中、1人で悩み1人で離婚を決意しました。だからこそ、強く惹かれたのかもしれません…。

 

ですが、当時は資格を取得できるスクールが東京にしかなく、子供を連れての出戻りだった私が共働きの両親に子供を預けてまで東京に通うことは出来ないと思いました。

その後私は再婚し、娘が小学1年生になった年に、名古屋校ができた事を知り、早速申込みをしました。

そして、2012年6月に念願の資格を手に入れたのです゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

 

人生は選択の連続です。どんな事も、自分で納得するまで考えて出した答えであれば決して後悔する事はないと思います。もちろん私も後悔していません。むしろ、この私にあの苦しい経験と強さを勉強させてくれた元夫に感謝したいくらいです。

離婚は他人事だとは思えません。

まだ駆け出しの私ではありますが、精一杯寄り添っていきますので、どうかよろしくお願い致しますm(_ _ )m

 

長い文章、最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

 

どうぞお気軽にお問合せください。

お問い合わせ