夢は少子化対策です。


2018.12.21

突然ですが、離婚カウンセラーとしての私の夢は、
『少子化対策』です。

こんなはずじゃなかったんだけどなぁ…と思う結婚生活。

離婚してしまった後に後悔するような、もったいない離婚

その時の気分や一時の感情だけで別居し、後に引けなくなった 勢い離婚

これらはひと言でいうと、もったいないです!!!

「花嫁修業」という言葉があるように、結婚する時は、みなさんある程度知識と覚悟をもって結婚にいどみますよね。結婚が想像もつかないという状態で結婚を決意できる人はいないはずです。
では離婚の時はどうですか?私は、離婚するときも勉強する必要があると思うんです。離婚とはこういうものだとちゃんと知って、その上で覚悟を持ってその選択をして欲しいと思います。

『離婚』は世間では暗いイメージで、失敗ととらえられがちですが、私は離婚は幸せになる為の選択肢のひとつだと考えています。離婚したからいいとか悪いではなく、そこに至るまでに納得して答えを出したかだと思っています。
『今のこの状況から逃れたい』とか『楽になりたい』ではダメなんです。
『自分の人生に見切りをつける』『決着をつける』という気持ちを持って欲しいです。

それを伝えていくのが私の仕事だと思っています。

ここで、私の主人のいとこの、ゆうや君の話をしたいと思います。
ゆうや君は当時21歳。同い年の彼女とできちゃった婚をしました。
今は、授かり婚と言うのでしょうか。
お金もなかったので、ゆうや君の実家で暮らすことにしました。
ゆうや君は奥様が妊娠中に派手に浮気をしてしまいました。当然離婚話がでて家がめちゃくちゃになり、家族中で離婚を止めて大変でした。
そのうち、奥様が2人目を妊娠しました。
若いっていいですね(笑)
この出来事によって離婚話はうやむやになりました。
そして奥様は3人目を妊娠しました。4人目も妊娠しました。この4人目がなんと双子ちゃんでした!!
定年退職して家でのんびりしていたお爺ちゃんまでも、あわてて職を探しにいったそうです。

何が言いたいかというと、
今ある夫婦の関係を大切にしましょうという事です。
婚活を進めて、新しいカップルを誕生させるのも大切な事だと思いますが、このゆうや君夫婦のように、雨降って地固まれば、そこから赤ちゃんが誕生する事もあるという事です。
DVとか借金だとか、どうしようもない理由を除いては、たいていはすれ違いや、会話がないためにおこるお互いの勘違い、そして自分勝手な思い込みです。
そういうもったいない理由で簡単に別れて欲しくないんです。
夫婦の離婚の危機を救って、そこから新な命が誕生する。
これって少子化対策になるんじゃないのかなって私は思っています。
だから、夢は少子化対策です。

絆を確かめ合った夫婦からの、第2子・第3子が産まれたという報告を心待ちにしています。

 

お気軽にお問合せください。

お問い合わせ